2015年03月21日

16本目「フリーウェイ」

1996年アメリカ 監督 マシュー・ブライト
出演 リース・ウィザースプーン キーファー・サザーランド

オリバー・ストーン製作総指揮、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」テイストで描く現代版「赤ずきん」。スカッと爽快なハイテンション血みどろ青春コメディの隠れた傑作です。

話もおもしろいんですが、見どころはなんと言っても「24」ブレイク前夜のキーファー・サザーランドによる突き抜けた発狂演技。ジャック・バウアーとは正反対の、10代の少女ばかりつけ狙う変態殺人鬼を心底楽しそうに演じています。
そもそも当初「連鎖犯罪」という内容と1ミリもかすらない邦題でリリースされた本作ですが、「24」人気を当て込んでタイトル変更のうえ再発。もともとは違う人が吹替えていたのが、どうせならと“もう一人のジャック”こと小山力也さんを起用!このナイスな判断によりスペシャルなケミストリーが発生、「顔も声もジャック・バウアー、でも中身は変態さん」という笑撃のキャラクターが誕生したのです!ぜひ吹き替え版でご鑑賞ください!


※以降、ネタバレしていますので鑑賞後にお読みください!



自宅前の路上で立ちんぼして日銭を稼ぐ母親と、毎日のように性的イタズラを仕掛けてくる義理の父親という最低な家庭環境で暮らす女子高生ヴァネッサ(リース・ウィザースプーン)。「もーれつア太郎」のデコッ八並みの3Dなオデコの持ち主だが、容積に反比例して勉強は全くできない。
そんなどんづまりな毎日を根っからの楽天主義で明るくサバイブするヴァネッサだったが、ある日両親が警察にパクられ、自分も里親に引き取られることになってしまう。
以前引き取られた先で認知症のジイさんにレイプされそうになったことがあるヴァネさん、二度とごめんだと福祉局のオバちゃんをペテンにかけ逃走。遠くに住むおばあちゃんを訪ねることにする。
黒人の彼氏に別れを告げ、餞別に拳銃を貰ったヴァネさんは一路おばあちゃんの家を目指すが、いくらもいかないうちに車がエンコ、フリーウェイで立ち往生してしまう。
そこに現れた紳士的な物腰の男・ボブ(キーファー・サザーランド)。CTUに入る前とあって全体に締まらない感じだが、顔と声(吹替え)はジャック・バウアーそのもの。
「どうしたんだィ?」(小山ヴォイスでお読みください)と声をかけられ、事情を告げると「それは大変だったネ。途中までボクが送っていってあげるョ」と言われ喜んでボブの車に乗り込むヴァネさん。
ところが道中、ボブの正体が世間を騒がせている10代の少女を狙った連続殺人鬼であることが発覚!ヴァネさんの命も風前の灯かと思われたが、彼氏に貰った銃を突き付けて形勢逆転!
「撃たないでくれィ!ボクは病気なんだョ!お金をあげるから殺さないでくれョ!」ビビリまくりひたすら命乞いをするキーファー=小山さんの演技が素晴らしすぎてこっちの腹筋は断裂寸前!
なにしろ小山さんと言えばジャックとか「ウォーキング・デッド」のダリルとか男前なキャラクターばかり演じているイメージ。こんなみっともない役はかなり珍しいのではないでしょうか。
人気のない空き地に車を止めさせたヴァネさん、銃を突きつけたまま「アンタ神様ってホントにいると思う?」「なんだィその質問は!?怖いこと聞かないでくれョ〜(泣)」小山さんの演技が巧すぎてなんか本当にかわいそうだな〜と思った矢先、そんなことを露ほども思わないヴァネさんの銃が容赦なく火を吹く!
首筋から血を噴き出して倒れるボブ。一仕事終えたヴァネさんは腹が減ったので深夜営業のダイナーに行くが、返り血を浴びて真っ赤だったので即通報され、お縄に。
「あいつは殺人鬼なのよ!これ以上犠牲者が出ないようにやっつけてやったのよ!」と主張するヴァネさんだが、誰も信じてくれず少年院送りに。
罪状は殺人未遂・・・未遂。そう、どっこいボブは生きていた!
実は奥さん(ブルック・シールズ)もいるかなりの資産家だったボブ、手術で命は取り留めたものの顔が変形し、昔のコントによくある釣り針がほっぺたにひっかかった釣り人みたいなファンタスティックなご面相になってしまった。あんまりにもあんまりなビジュアルなのでこれだけでも一見の価値あり。何か言うごとにフガフガしてよだれをダーッと垂らしながらも執念深く復讐の機会を窺うボブ。
一方ヴァネさんは貼りつけたような笑顔が怖い院長の監視のもと更生の毎日を送っていたが、スケ番に絡まれて反撃、ボコボコにする。少年漫画のように友情が芽生えた2人は協力して脱獄。ヴァネさんはもともとの目的地、おばあちゃんの元に向かうがそこにはボブが待ち受けていた・・・!

ブラック過ぎて確実に人を選ぶと思いますが、観て損はないと思うのでオススメします!
posted by 竹島書店おすすめ映画 at 00:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: